ホームさんまのお話

 

 さんまは、江戸時代から大衆魚として親しまれてきた、栄養的に非常に優れた青魚です。さんまには、必須アミノ 酸をバランス良く含んだ良質のたんぱく質や、貧血防止に効果のある鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、また骨や 歯の健康に欠かせないカルシウムと、その吸収を助けるビタミンDも多く含まれており、成長期の子供や中高年の方は、特に積極的に摂りたい魚です。

 

近年注目されている不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が、さんまには豊富に含ま れています。これら不飽和脂肪酸には、血液をサラサラに保ち、コレステロール値を下げる働きがあり、DHAは脳細胞の働きを活発にし学習能力を向上、痴呆やボケを防ぐ効果も期待できます。 

  さんまには、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮することで話題のタウリンが豊富です。又、さんまの薬効は主に脂にあるので、焼き魚にする時は姿のまま、脂を落とさないように焼くよう注意してください。

 

さんまの栄養素(100g当たり)

 

・DHA,1,400mg
・EPA,840mg
・鉄,1.8mg
・カリウム,170mg
・カルシウム,90mg
・ビタミンA,120IU
・ビタミンD,480IU

J-Medical参照